エホバの証人の批判ブログ

エホバの証人をマインドコントロールを笑うブログ。自然消滅に向けて応援します!JW組織のいい部分と悪い部分を知って考える人間になれ!

エホバの証人のよいところ

コメントは自由に可能ですが、返答は必ずはできません。あと、気が向いたら書きます!

http://blog.livedoor.jp/csmradio/

もう一つのブログでもJWのことは書いていました。

インターネット社会とエホバの証人の喜ばしい変化


 最近、きちんとエホバの証人の現状を語る読むに値するブログが増えているのはいいことである。

 もちろん王国会館の組織に留まっている人で組織の内部告発をコンスタントに書いているJWのブログは内部改革者として評価できるとは思う。

 最近はエホバの証人の訪問も全体的に減った・・・というのもあるし、ブログでアメブロ会衆とかGooブログで今の組織や統治体の絶対権力的な神権独裁の教団運営方針がおかしい!というブログの意見が増えているのは好ましいことだろう。

 エホバに留まっているパブテスマを受けた信者が今の王国会館という組織や統治体の絶対権力が中世のカトリック時代の劣化とかユダヤ教のパリサイ派のような偽善に満ちている・・・という批判は実に正しい。

JW_01


 1990年代の協会の柔軟化路線に一致して、個々のエホバの証人の態度にも少しながら変化が見られる。

 1970年、80年代の「規則ずくめ」の信者の生活は今でも多くの証人によって受け継がれてはいるが、一方、より自由な見方をする証人の数も増えつつある。  

 最近の「期限付き預言」の撤廃による、生活の余裕感 とそれに伴うある程度の脱力感がかなり影響していると考えられるが、恐らくその最大の原動力となっているのが、一つは高等教育の解禁であり、もう一つはインターネットに代表される新しい、効率的な情報交換の手段の発達であると考えられる。  

 カルト宗教の大黒柱は、組織による情報の独占と信者に対する厳密な情報コントロールであるが、上に述べた二つの最近の変化、高等教育とインターネット、は共にこのカルト宗教の大黒柱を根底から覆す可能性をはらんでいる。

 そのような動きの目に見える形が、現在インターネットを中心に活動している「改革派」のエホバの証人の動きであろう。  

 彼らの活動自体が、インターネットな しには全く不可能であることを考えると、この動きはまさに1990年代後半のインターネットの発展の落とし子と言えるであろう。

 これらのエホバの証人は、 それぞれの会衆の中では、ごく普通のエホバの証人として振る舞っているが、インターネットの上では、自分の実名や所属を明らかにすることなく、自由にものみの塔組織を批判し、その改革を求めている。  

 インターネット上で無名のままで懲罰を恐れることなく、自由に意見の交換が出来るという、それまでに無かった 環境が、このような運動を可能にしたと言える。

  

 歴史 第五部 エホバの証人の最近の動きと将来の展望


続きを読む

エホ証の良心的な兵役拒否は評価していい


 エホバの証人の評価できる点に良心的兵役の拒否の思想は評価してあげてもいい。
 エホバの証人はいかなる理由があっても軍隊や自衛隊に参加して戦争に参加してはならないという。

 人権回復機関のアムネスティ・インターナショナルでもエホ証が兵役を拒否して刑務所で服役していることを良心の囚人と考えてもいるのでその辺を悪くいうべきではないだろう。

 エホバの証人が輸血拒否という大罪で世界中で医療現場で迷惑を繰り返す破壊的カルトではあるが、反面、良心的兵役の拒否を実践して戦争には証人は参加しないということを実践していることは高く評価していいのではないか?

 隣国の大韓民国でも国民の義務で徴兵制があって38度戦で北朝鮮と緊張状態が続いているが、韓国のエホバの証人は兵役を拒否して何人かは国家保安法違反で刑務所で今も自由を抑圧された状態にある。

o0400036312540927566


続きを読む

エホバの証人の良いところ


 私もエホバの証人の王国会館に2回、通っただけでマインドコントロールされそうになったので今はいっていないので異様な体験をこんな感じでブログで批判している。

 入り口にいた奉仕の僕の男性も長老も丁寧な親切な人で書籍やブロシュアーというか冊子やトラクトをもらえたのだが後は深入りしないでもう王国会館から足は遠くなっている。

jw



続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ