エホバの証人の絶対権力機関は統治体という複数の朝鮮労働党のような神権組織である。
 中国共産党や日本共産党のようなプロレタリア独裁のような宗教組織であるエホ証の統治体。

 統治体はものみの塔聖書冊子協会で北朝鮮の体制でいえば金日成や金正日や金正恩のようなものであって、世界中の800万人のエホバの証人の意思を徹底的に管理している独裁権力機関でもある。

統治体

 
 JWの統治体といえば勝手に1914年から人類の終末が到来して、1975年にハルマゲドンが到来すると嘘の情報で社会の不安を煽り、さながら北朝鮮の核開発に便乗するかのように今も日本や韓国でJWの信者を増やせ!と号令を出している。

 北朝鮮の先軍政治のように大いなるバビロンを倒せ!とキリスト教会の滅亡をして、真のキリスト教であるエホバの証人が世界で地上の楽園で永遠の命を享受できると信者にエホ証組織は徹底させていて、輸血拒否も統治体がいえば絶対に従わないといけない規則を勝手にいい出していて、信者は思うようにマインドコントロールされているというしかないだろう。

北朝鮮 独裁

 エホバの証人の統治体にハルマゲドンの嘘を認めさせて、輸血拒否の教義を放棄させるとなれば、ほとんど核開発で先軍政治で暴走している北朝鮮に外交努力で核兵器廃棄や情報化のペレストロイカを期待するしかないのである。

 北朝鮮の核武装や地下核実験の暴挙もエホ証の統治体に関していえば日本と韓国ではおいしい世の人の事件でもあるが、原因を作っているのは統治体であって悪いのは統治体に決まっている。

 北朝鮮の核開発や拉致事件や情報鎖国ゆえの強制収容所も問題も難しい問題もあるが、じわじわと北朝鮮にも伝わっているという話は本当だろう。
 
 ともかくJWの統治体に輸血拒否やハルマゲドンの嘘の謝罪を求めるのであれば、それこそ北朝鮮の核開発が朝鮮半島やアジアの平和のためにならないので中止せよ!と忍耐強くブログやSNSで発言するしかない。

 加えて家族がエホ証から脱会したいと思うのであれば同じように北朝鮮の核開発がおかしいし、国際社会のルールに反しているといい続けるのが大切だろう。

 統治体批判も忍耐強く行い、家族がエホバの証人を脱会したいのであれば、北朝鮮に核を放棄させるように外交努力を様々な角度から繰り返すように考えて説得を試みるしかない。

 時間がかかるかもしれないが北朝鮮の核開発阻止を外交努力で解決していくように、エホバの証人問題に向き合うのがいい方法ではないだろうか?