エホバの証人が最近、組織の崩壊を加速させているのがキャンディス・コンティー裁判だという。
 エホ証の統治体に裁判で多額の賠償金で裁判になったことで情報は電流のごとく伝わっている。

 22億円の賠償金と800億円の資産凍結もJW批判派ブログであっという間に情報が伝わり、統治体は事件の隠蔽工作に余念がない・・・けれども目覚めた信者の王国会館離れが止まらない!ということだろう。

 いくらエホバの証人がインターネットはサタンの巣窟であって罠である!と叫んで王国会館で指導して情報統制をしても無駄であろう。


 

 9歳の時から一年間、エホバの証人の男性信者から性的虐待を受けたとして、キャンディス・コンティーという女性(26歳)が、ものみの塔聖書冊子協会と加害者と加害者の所属するノースフリーモント会衆に損害賠償を求めた裁判で、6月13日に、アメリカのカリフォルニア州最高裁で判決が言い渡されました。

 裁判官は、280万ドル(22億円)の賠償命令を出すと共に、2年間、協会の資産(約800億円相当)の凍結も命じました。賠償金の40パーセント(8億8000万円)は、ものみの塔が支払うことになっており、その支払いの責任から逃れられないようにするための処置ですが、この資産凍結の命令が、賠償命令 よりも組織に大きなダメージを与えると見られています。

 この数年間、経済的に苦しい状態が続いているものみの塔協会は、節約対策の一環として、ニューヨークのブルックリンにある不動産を売却して、本部の移動を計画していました。

 この計画以外にも、雑誌の縮小(2013年1月から『ものみの塔』誌も『目ざめ よ!』誌も32頁から16頁のものになる)、ギレアデ学校の閉鎖、世界各地での支部の閉鎖、会衆の合併など、様々な策を講じてきましたが、ブルックリンの資産の処分ができなくなると、より一層、厳しい状況に置かれます。

 ベテル本部の元長老ランダル・ウォーターズ氏は、「今回の判決は、ものみの塔協会の船を沈める最後の一撃だ」とコメントを発表しています。

 ものみの塔に致命的なダメージを与える判決

 しかし・・・キャンディス・コンティーの裁判がここまでエホバの証人に致命傷な判決・・となれば、ものみの塔の崩壊は止まらないということだろうか?

 北朝鮮の脱北者とか在日朝鮮人の朝鮮総連離れにも似ているといえば似ているし、さながらものみの塔に青天の霹靂で組織を疑う人が急増していて、一気に自然消滅したい!と思う人が増えていくのは無理はない。

ううむ。
>児童虐待の裁判費用とかのレベルじゃないような気が・・

今回の指示は自分もこれを感じています。

本当の意図はどこにあるんでしょうかねぇ・・・?

今年中にコンティ裁判の判決が出るとのことですので
さすがに確定したら隠しきれない→覚醒者続出

あるいは、会衆単位での造反の発生も予測
の流れから、寄付がもう集まらなくなる、の見通し

で、今のうちに中央に集めるだけ集めておけ
とのことかと思ったりします。

世界政府

 かつての金沢会衆事件のように一気にものみの塔に不満をもつエホバの証人と長老が一気に大覚醒して脱北者になるように組織を去る人も増えるだろう。

 加えてエホバの証人の教えは正しいが、実質的にエホバの証人を支配しているものみの塔聖書冊子協会に寄付という金を送るべきではない!と王国会館の会衆も反旗を翻す可能性だってあるだろう。

 統治体に寄付は北朝鮮の独裁体制に金を送るようなもので拉致や核開発や恐怖政治に手を貸すようなものだ・・・ということでエホバの証人の間でもブログでものみの塔聖書冊子協会に寄付はすべきではない!と匿名で訴えている人も少なからずいる。

 どうもものみの塔の同意できない奇妙な支持に従え・・・というのはキャンディス・コンティーの裁判で自分たちの組織が揺れていて大崩壊が近いうちに起きる・・・という予測ではないか?