女性が多いエホバの証人。
 開拓奉仕伝道のために結婚できない女性が多い。

 JWに男性が少なく、女性が多く、男性2割、女性8割になっている。
 エホバの証人も信者だけの結婚を組織が圧力をかけるので女性の未婚率は極めて高い。

注解

 そもそも普通の人が輸血拒否で社会問題を起こしていたり、オウム真理教アレフみたいにハルマゲドンを妄信して気味の悪いものみの塔や目ざめよ!なんかを配って迷惑ばかりをしているエホバの証人の女性に魅力を感じる人は少ないだろう。

 挙句の果てに結婚して子どもが生まれても懲らしめのムチで児童虐待を繰り返すエホバの証人の口裂け女というかKKKの婦人団員ののような女性と結婚したら家庭崩壊と児童虐待で最悪の家庭環境で何もいいことはない、のはネットでみんな知っているということだろうし。

 もし、エホバの証人で結婚してもらいたいならば自分が組織に疑問を持っていてエホ証をやめたい!というブログを書いて信頼を得るか、元・エホバの証人であの組織には戻らないだろう・・・とでも書いておかないと結婚や再婚のチャンスを逃す!と思うのだが。

 エホバの証人で幸福な結婚を考えるならば、ともかくブログでエホバの証人を辞めたい・・・みたいなことを匿名で書いて信頼を得るしか方法はないだろう。

 エホバの証人で再婚を考える人も同じで、長くエホバの批判を書いていてもう、JWは嫌いで関わらないつもり・・・となれば再婚のチャンスはあるので何とかなるだろう。

 もう、エホバの証人のハルマゲドンは嘘の予言で信じる気がないし、輸血拒否でものみの塔教団が社会問題を引き起こしていて、ムチ事件で児童虐待を繰り返したことを自分は知ってていて自然消滅した、という人であれば結婚生活や再婚のチャンスは時間を得て、心の整理がつけば何とかなると思う。

 キリスト教徒の結婚の悩みといえば同和問題もあるのだろうが、エホバの証人の結婚問題は同和問題より深刻にも思えてもくる。

 在日韓国・朝鮮人も結婚を考えた場合、民族性の問題で日本人より、在日社会でという傾向もあるし、朝鮮総連の人は総連の人になる傾向があるし、民団は民団でお互いが敵対している関係もあってエホバの証人に似てもいるだろうが、あくまで在日の結婚問題の場合、民族性の問題であってエホバの証人とは違うのだが。


しかし、知らないふりをした。
後日、当日の話を親族にした。数週間前のことである。
 
一般の人たちにとって、エホバの証人は奇異な信者だと思われている。
 
ころころ変わる教理をそのまま信じて、やがて半世紀になる。
1960年代以降、多くの信者が組織に入ってきた。
その中に多くの女性が結婚もしないまま、信仰を全う?している。
だいぶ年齢を重ねてきた。
文字通り「エホ婆ア」になっている。

エホバア


 あなたがエホバババアにならないためにもまずはブログでアメブロ会衆みたいにハルマゲドンや輸血拒否がおかしい!ということをしっかり表明していくといいのではないか?