最近、きちんとエホバの証人の現状を語る読むに値するブログが増えているのはいいことである。

 もちろん王国会館の組織に留まっている人で組織の内部告発をコンスタントに書いているJWのブログは内部改革者として評価できるとは思う。

 最近はエホバの証人の訪問も全体的に減った・・・というのもあるし、ブログでアメブロ会衆とかGooブログで今の組織や統治体の絶対権力的な神権独裁の教団運営方針がおかしい!というブログの意見が増えているのは好ましいことだろう。

 エホバに留まっているパブテスマを受けた信者が今の王国会館という組織や統治体の絶対権力が中世のカトリック時代の劣化とかユダヤ教のパリサイ派のような偽善に満ちている・・・という批判は実に正しい。

JW_01


 1990年代の協会の柔軟化路線に一致して、個々のエホバの証人の態度にも少しながら変化が見られる。

 1970年、80年代の「規則ずくめ」の信者の生活は今でも多くの証人によって受け継がれてはいるが、一方、より自由な見方をする証人の数も増えつつある。  

 最近の「期限付き預言」の撤廃による、生活の余裕感 とそれに伴うある程度の脱力感がかなり影響していると考えられるが、恐らくその最大の原動力となっているのが、一つは高等教育の解禁であり、もう一つはインターネットに代表される新しい、効率的な情報交換の手段の発達であると考えられる。  

 カルト宗教の大黒柱は、組織による情報の独占と信者に対する厳密な情報コントロールであるが、上に述べた二つの最近の変化、高等教育とインターネット、は共にこのカルト宗教の大黒柱を根底から覆す可能性をはらんでいる。

 そのような動きの目に見える形が、現在インターネットを中心に活動している「改革派」のエホバの証人の動きであろう。  

 彼らの活動自体が、インターネットな しには全く不可能であることを考えると、この動きはまさに1990年代後半のインターネットの発展の落とし子と言えるであろう。

 これらのエホバの証人は、 それぞれの会衆の中では、ごく普通のエホバの証人として振る舞っているが、インターネットの上では、自分の実名や所属を明らかにすることなく、自由にものみの塔組織を批判し、その改革を求めている。  

 インターネット上で無名のままで懲罰を恐れることなく、自由に意見の交換が出来るという、それまでに無かった 環境が、このような運動を可能にしたと言える。

  

 歴史 第五部 エホバの証人の最近の動きと将来の展望


 もちろんこのブログも現役のJWでITリテラシーが高い高等教育が好きな人は読んでいるだろうし、海老名ベテルの高学歴べテラーも読んでいる人もいるとは思う。


 一部の改革派エホバの証人は、すでにブルックリン本部の内部で、統治体の「援助者」と呼ばれる若手グループの間に浸透していると言われ、最近多く出版された柔軟路線の記事の幾つかには、彼らの意見が多く取り入れられている可能性が考えられる。  

 1997年7月22日の「目ざめよ」誌は、インターネットを特集した。この記事は、インターネットの使用に強い警告を発してはいるものの、決してこれを 「悪」と決めつけてエホバの証人の使用を禁じてはいない。  

 この協会の態度は、今後ますます、エホバの証人の中の勇気ある一部の人々をインターネットに進出させるであろう。

 改革派の動きは今後もインターネット上で活発に続き、その中の可成りのものが、自分たちの組織の根本的な誤りに気づき、改革から離脱への 道を辿ることが予想される。  

 現に過去数年間だけでも、改革を志向したエホバの証人の指導的地位にある可成りの人たちが、組織を後にしているのである。

 最近もエホバの証人が1914年からハルマゲドンで人類の危機という規定を削除して、人類の終末に関しては一度、遠ざかるような動きを見せているのも全世界の反JWブロカーならば誰でも知っていることだろう。

 JW組織に所属しながら一定数、大いなるバビロンでサタン側のキリスト教世界との対話も大切である!と考える良識派のエホバの証人も若干、ブログにはいてコメントもにぎわっている。

 もちろんJWでブログで組織を批判すれば長老は排斥の粛清を当然!と考えて、強権発動を実力行使するだろう。

 もちろん会衆名を公開しないでエホ証組織を批判する人は内部告発なので北朝鮮の粛清みたいな背教者という排斥の恐怖はあるのだが、破壊的カルトであったエホバの証人の長老や海老名ベテルや巡回監督にも批判派ブロカーは一定数の影響を確実に与えていって組織や統治体もグラグラと揺れ始めたのではないか?

 最近はインターネットをサタン呼ばわりしていたJWもjw.orgでインターネットにシフトして若干、変化は見られる。

 そのうち輸血拒否問題や今までのハルマゲドンの嘘に関しても一定数、エホバの証人の統治体や組織が謝罪して社会と向き合って何らかの情報公開や対話でもしないともはやエホ証は宗教組織としてはやっていけないだろう。

 ブログで建設的なJW批判を書くことは有意義なことなので元JWや現JWや組織とは関係のないJWも書きたいことを書いてここが変だよエホバの証人!ということで機会があれば意見はいえば益になると私は思う。

 北朝鮮の朝鮮労働党の独裁体制のようなエホバの証人の統治体は変わっていくのであろうか?