エホバの証人は官僚的な宗教的な中央集権制である。

 エホバの証人はさんざんカトリック教会の階級制度を悪魔的な人類の所産であり、大いなるバビロンの証明であってローマ教皇庁やバチカンを批判しているくせに、自分たちも統治体という嘘発生器と利権的な特権官僚の巡回監督が存在していて人のことをいえるのか?なのである。

 政治形態としては北朝鮮の主体思想な朝鮮労働党とか中国共産党のプロレタリア独裁とか日本共産党の民主集中制に近い完全縦社会のエホ証の組織ではあるが、どうも東大法学部の官僚のような巡回監督が特権だらけになって汚職や不正ばかりで王国会館の現場を知らない!という劣化が激しい。

9b9ac835

 昔は巡回監督だって高学歴でエホ証の問題に現実と向き合う現場主義に徹していて、いい人が多い優秀な官僚でエリートで尊敬に値した人が多かったが、今の巡回監督はもはやユダヤ教のパリサイ派以上に利権と自分がかわいいだけの汚職を繰り返す東大法学部の堕落した官僚に成り下がったという。

 エホ証なりたての頃、一昔前の「出版物」を読みあさりました。中でも衝撃を受けた覚えのある本の一つに1950年代発行の「宗教は人類の為に何を成したか」があります。

 冒頭から頭をハンマーで殴られたかのような衝撃があり、一気に読み通したと思います。

 「宗教」というあたりまえに存在するものの、その本質について深く考えたことのなかったテーマについて考えさせられました。

 ものみの塔発行なので、当然一定の 結論に導くようにできてはいるのですが、今のような押しつけがましい感じはそれほどなく、特に冒頭部分の宗教そのものを論じる部分では読み手の深い思考を 刺激するような書き方でした。スゲー本だな、と感心したものです。

 そのときの組織には、まだ真理を追究する姿勢のようなものが残っていて、会衆を回るエリート信者である「巡回監督」も、今のような上意下達の支部出身天下り官僚監督などではなく、現場叩き上げの個性的で魅力的な人物が多 かったように思います。真理を追究する過程、途上にある「解釈の調整」なら受け入れもしようと思っていました。

 自分が?と思いだしたのは、信者から圧倒的な評価を得ていたカリスマ巡回・地域監督の中から、次々と降格され、中にはヒラ長老どころかエホ証ですらなくなる人さえ出た時期です。

 それで、組織は事実を隠蔽するので想像になりますが、日本のカリスマ巡回・地域にも現場の声をくみ取り、何らかのアクションを取ろうとした中で、排除された人もいるのではないか、と。

 今では、「陳情」を「反抗」としかとらえない天下り官僚監督がかなりの割合を占め、イエスマンの権力長老が幅をきかせるモノ言えぬ空気の中、信者の悲痛な叫びが組織に届くことはなくなりました。

 個人的なこと③

 日本の東大法学部の官僚だって現場を知っていて大衆の不満や悩みや要求にそれとなく答えていれば優秀なエリート官僚であって、これは隣国の北朝鮮や中国でも同じだし、エホ証のような宗教組織でもまた同じことなのである。

 マックス・ウェーバーあたりも優秀な官僚でエリートならば現場を知っている人間こそが適役だ、と本でいっていたとは思うのだが。

 昔は巡回監督も現場を知っていて、信者の悩みに答える優秀な人が多かったらしいのだけど、今のJWの巡回監督はもはや単に劣化した汚職まみれの東大法学部の官僚と同じくなって現場知らずで単に統治体のいうことをオウム返しに繰り返すだけになってしまった。

 そのくせ特権=金というか豪華な食事を会衆や長老に要求する巡回監督になって昔の現場で熱心に真理探究をしていた時代の威光すらない歪んだ利権屋になってしまったのが痛い。

 会衆の会員は巡回監督夫妻を家に招けることを大きな特権とみなし、最高の料理をふんだ んに用意します。つまり巡回監督夫妻はタダで1週間毎回美食を味わうことになり、それ が当たり前の生活になるのです。

 そのため、巡回監督の中には、高級嗜好の紅茶や、果物でなければ食べられないとまで言う人が出てきているのです。  (冗談でも口にしてはいけないこと)

 またある巡回監督の妻に及んでは、出されたものを口に合わないから食べない とはっきり言う無感覚な者もいます。  

 美食は人の感覚を麻痺させるといいますが、私はこの制度に大変疑問を感じます。  イエスやダニエルは美食を避け、むしろ貧しい人を自らの家に招きアイサンを楽しまれました。  

 巡回監督夫妻も自らの宿舎に会衆の困っている人や  恵まれない人を訪問期間中に招くぐらいの気持ちが必要ではないかと思うのです。 

 「腐れゆく巡回監督」

 巡回監督になることをエホ証は大いなる特権と考えて奉仕の僕から長老へ・・・と考えて、なりふり構わず布教するわけだけど、実態はハルマゲドンの嘘や輸血拒否のマインドコントロールを繰り返して、金がもらえて美食三昧のエリート官僚になりたがる!というのが本音でもあるらしい。

 こんなことを日本だけではなくて、世界中のエホバの証人が繰り返している・・・となれば厄介なことで単に終末論の嘘を振り回すくせに実態は終末など望んでいなくて現世利益的な利権の欲たかりになりたいのでエホ証を続けるというのが正体なのだろうか?