エホバの証人のムチ事件の悪名もネットで傑出しているが、昔の右翼系だった国士館大学もまたエホ証のムチ事件のような凶悪事件をおこして全国から激しい批判を浴びて今も毛嫌いする人が多い。

index


 東京都新宿区の新宿駅ホームで、ラッシュ時の人混みの中、国士舘高校生20人と朝鮮中高級学校生20人が乱闘となり、喫茶店のガラスが割られ、突き飛ばされた老女(70)が階段から転げ落ちて2週間のケガを負った。

 翌12日、高田馬場駅で国士舘大学生20人が「朝鮮人をぶっ殺してやる」と朝鮮中高級学校生を木刀で襲い、電車のガラスを割って3人逮捕。

 5.12に国士舘大学生2人が和光高校生数人を襲い重傷を負わせ、5.22に国士舘高校1年生(15)が他校生に暴行を加えて木につかまってミンミンゼ ミのマネをさせ、6.2には国士舘大学1年生2人(18,19)が小田急線電車内で東京芸大講師(32)にからんで重傷を負わせ、6.5には国士館大学1 年生3人が小田急線電車内の吊革14本をナイフで切断して逮捕されるなど事件が続いており、国士舘の右翼的教育方針に原因があるのではないかと国会でも取 り上げられ大問題となった。

昭和48年(1973)の少年犯罪

 国士館大学であるがさながらエホバの証人の王国会館のムチ事件のように内部で暴力事件を何度もおこして、昔は国士館の名前を聞くと右翼テロとか朝鮮高校への暴力事件とか暴力団というイメージが呪われたようについてまわり、今も少なからずいいイメージをもっていない人も多い。


 それでは、質問を続行します。

 依然大学には、あるいは高校の中には従来の慣習は残っています。もう大体局長知っていると思うのですが、一年生で 入っていくと一週間ぐらいはたいへん丁重に扱われる。ところが一週間ぐらいたてば、今度はたいへんなリンチが行なわれる。

 おまえたちはきょうからはお客さ まではないのだ焼きを入れてやると言って、まず一年生は掃除、洗たく、これをさせられる。二年生はその仕事について因縁をつける。掃除が終わると、床を指 でなでて、まだきたない、やり直しとどなって、そしてびんたが飛ぶ。そこでさらにぞうきんをかける。今度はペーパーを持ってきてつばをつけて、床をこすっ て、まだきたないぞ、こう言ってぶんなぐる。こういうことを繰り返しているわけです。

 それから個人指導というものがある。個人指導というのは、部屋の中を まっ暗にしておいて、そしてその一年生を呼んで、部屋に入ってくると、入りますと言って入ると、とたんみんなに袋だたきにさせられる。肋骨を折ったり、肩 を脱臼したりする犠牲者が続出をしている。

 そしてこの一年間を耐えると、今度はなぐる側の二年生になる。二年生が一年生の鍛え方が甘いと、つまり焼きを入 れる、びんたとかその他のリンチをやることについてやさしくやると、このやろう甘いぞと言って、さらに二年生が三年生から焼きを入れられる。さらにまたそ れが、三年生に対して四年生が同じようなことをやるというように、あの学校では一年はごみ、二年は奴隷、三年は人間、四年になって神さまだと、こういうよ うに言われている。

 したがって、朝鮮人高校生を襲うときも、主として二年生がその先頭に立たされる。そして四年生が総指揮官。暴力の使い方が足らない場合 は直ちにリンチを受ける。こういうことになっていますから、どうしても敵前で奮闘せざるを得ない。こういう仕組みになっていますね。

 こういうことをなくして、学内の民主化をやろうという運動が起きておるにもかかわらず、少数の右翼学生はこれをはばもうとしておる。ことに許しがたいのは、チッソの総会で暴力団の一員として雇われて、そしてあのチッソの総会で公害病患者に対して暴力をふるう。これは国士舘の学生だと言われている。

 あるいはガードマンに雇われて、そのガードマンの先兵になっている。こういうように反動的な、右翼的な、反民主的な行動をずっととってきているわけです。

 1973年6月11日 国士舘高校大学生ら東京朝鮮中高級学校の生徒を襲撃


 エホバの証人でスポーツ系の部活や大学進学を考えていて本当は日の丸が好きで国士館大学に進学したかったのだが・・・という気持ちの人もいるのが分かる。

 でも、肝心の国士館大学といえば右翼団体の構成員になったり、暴力団員に転落する人間もいたし、朝鮮高校に恥ずべきヘイトクライム事件をおこして激しく周囲から嫌われて今もイメージは悪いので大学当局も苦しんでいるといえばいえる。

 日本共産党とか日教組からは国士館大学は右翼団体にふるって暴力を振るう狂信的な国粋主義者の巣窟で右翼テロでもやるつもりなのか?と口汚い悪口をいわれたりして、自分の大学名を激しく呪っている国士館大学のOBも多く、昔の悪名も簡単に消えるわけでもない。

 もろろん今の国士館大学は右翼テロをおこすような凶悪な大学ではない、とは思うが、昔、国士館大学の名前を聞くとエホバの証人の王国会館でムチで虐待するような暴力事件を思い出す人が多く、国士館大学が大嫌い!と激しくエホバの証人のように毛嫌いする人も少なからずいる。

 もちろん国士館大学=右翼という決め付けはないし、今は普通の大学であって偏見はいけないことだ。

 昔も国士館大学が右翼的な教育をしていていたとしても全員が暴力事件をおこして朝鮮学校の学生を襲撃して朝鮮人を殺せ!なんていう下劣な事件をしていたわけでもない。

 とはいうものの国士館大学ではかつて朝鮮高校に暴力事件や運動部でしごきで虐待事件や右翼的な教育で日本共産党撲滅!いうことをやらかしたことで猛批判を浴びて今は大学当局も反省して反省・勤勉・読書で大学をよくしたいと考えていると思う。

 それでも国士館大学の悪名はついてまわって学生の2割は中退して、国士館大学の名前だけは嫌いで生涯、トラウマのように語りたくはない・・・・という偏見に苦しむOBも多い。

 エホバの証人で柔道がしたくて本当は国士館でスポーツに打ち込みたかったという人の気持ちも分かるが、この辺の話を教えてあげたかった。

 hinomaru (2)
 
 でも、普通の人だったらムチで虐待して何も反省しないエホバの証人より、昔の暴力事件を反省した国士館大学の態度の方がまともで信頼がおけると思っていて国士館大学の方がエホ証よりましだ!と思うのは当然だろう、と思うんですよ。