エホ証からハルマゲドンと楽園の教義が消えることはないらしい。

 アメリカでもこんな感じでハルマゲドンが到来するのでエホバの証人は正しい神の組織である!といって大会で熱心に勧誘ということだろう。

 おそらく911のツインタワーのテロ攻撃があった際に統治体が社会の不安に付け込んでハルマゲドンが起きる!とデマを散々、煽ってアメリカでも信者を増やそうとバカ丸出しということか?

jw

 しかし、こういう呆れたエホバの証人のハルマゲドンを煽るカルトの罠に引っかかる人がいる一方で、またか!という馬鹿げた行為に批判する人もいるので一種のシーソーゲームでもあるのだ。

 JWは本気でウォーゲームのように今はハルマゲドンの時代に突入した!ので我々はエホバ神を信じて大いなるバビロンを滅ぼすのが正しい!と十字軍のように聖戦だ!クルセード!といっているのだろう。

 反面、正統派のキリスト教会はエホバの証人の嘘とデマに惑わされるな!とブログやTwitterで批判も繰り返すだろうし、何も宗教を信じていない人だってエホ証はまだ馬鹿なことをして!と世界中で批判もしているとは思う。

 エホバの証人の組織に留まると一種のウォーゲーム感覚で大いなるバビロンというかキリスト教世界という敵を打倒して戦争ゲーム感覚になってさながら十字軍みたいな狂信性もあるのだろう。

 エホバの証人は自分たちはカルトではない!と神権的戦略で逃げるのだろうが、残念ながらこのような感じで人類の終末を煽っている限り、自分たちを破壊的カルトで世界から嫌われている呆れたデマ集団という印象を広めているだけである。

 統治体も社会不安を煽れば信者が増えるうまみをじっくり味わっていて単なる社会不安に便乗した詐欺師集団ではあったがどんどんJWの統治体の正体がネットで暴露されて打つ手なし!ということか?