2012年のエホバの証人数のデータを教団は公表して自画自賛。
 むしろもっと組織を増やせ!と煽っているカルト宗教特有の悪しき体質だろう。

 世界中で信者が増えたり、減ったりしたことをものみの塔とかでデータを公表して我々は成長している!とか信者は思い込んで楽園に向けて組織拡大中!でおめでたいといえばおめでたい。

 俺たちはすごいことをしているのだと思ってはいるが実質は王国会館を離れるとこのようなことはバカげたことである。

2012_stat1

 ものみの塔を離れてみるとハルマゲドンで世界の終末を煽って、輸血拒否の異常な集団の信者が増えればああ、バカなカルトの信者が増えてエホバに留まっている人間は哀れだね・・・としか思っていないのである。

 それを知らないで信者は楽園は素晴らしいと思ってこういうデータにそれこそRPGゲームの経験値稼ぎみたいに一喜一憂しているのだろう。

 最近はエホバの証人の中でも自画自賛めいたこういう記事で信者が増えた!には飽き飽きしたぞ・・・という失望も絶えないだろう。

 傍からみるといつも馬鹿げているのはものみの塔のこういう信者数の増減データをでかでかと書いて俺はすごい!という組織拡大の煽りの情報操作である。

 実際、よく考えてみるとこのような数字もものみの塔本部が操作したり、ねつ造もしているとみている人も多いのでたいしたことはないだろう。呆れたネタですね。あーあ。