エホバの証人のラッセル時代はまたマトモに神とは何か?を考えていたのか?

 何か『ものみの塔』も世界が公平に神の視点でどうのこうので見張れ?

Save0015

 いかにもアメリカの宗教でキリスト教のよき時代の黄金時代を物語る・・・みたいに布教していたらしい。

 Mayan Sacrificial Altar on Old Watchtower Magazine

 普通にラッセルもエホバの証人を布教していたがどんどん終末論ばかりが肥大してカルトとして君臨するようになったのだろうか?と思ってしまう。

 雑誌の左のものみの塔もちょっとPRGゲームのようにいい雰囲気?
 でもね・・・エホバの証人が嘘ばかりいうのであれば・・・まあ、嫌われるということでして・・・哀れだね。

 ラッセルも今のエホバの証人の姿を知れば嘆くことは必須。
 教祖であったC・T・ラッセルも今のエホバの証人は嫌いで嫌いで大嫌いなのか?

 どうなのだろう?

 福音がエホバの証人のハルマゲドンや輸血拒否のせいでおかしくなったら宗教団体としてエホバの証人は失格だろう。破防法でつぶせ!といわれても当然かな?